GONKURABE

だら科日記

つきあい方の科学/R.アクセルロッド を読んだ

ゲーム理論の実践によって得られた知見として、

意思決定の勝者は、以下の2つの特徴を持つ事を表している。

1.上品

2.自分からは決して裏切らない

以上。後は所感。

 

「嫌われる勇気」に書かれていた事を少し思い出した。
 ↑を読んでいると、(なんでそこまでしなきゃいかんのだ)と思う場面がいくつもある。そんなことできない、継続的に実践する事は難しいんじゃないか、と。

でも、そうする人たちが結局「得」をしているはず。理にかなっていて、自身の幸福にもつながる。そんな流れがあるんじゃないかなぁ。

 

「嫌われる勇気」→「つきあい方の科学」の順番で読むことをおすすめします。

 

つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)

つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え