GONKURABE

だら科日記

コメントをメモとして.

まず経済的な部分において,18歳未満の7人に1人が貧困状態にあります.http://goo.gl/yarsfc
そしてそういった経済的な問題(貧困)が,ヒトの「前を向く力(レジリエンス?)」ひいては「生きる力」の格差を生んでいるじゃないかとな考えています.困難な場面に直面したときに,「よっしゃやってやろう!」と思う人と「やめとこ」と思う人がいます.この差は何なんだろう.この話は苅谷剛彦さんという方の著書で詳しく触れられています(この本は高かったので読めてませんw)
.レビューを読むだけでも色々わかります.
http://goo.gl/IlD0B0

生きる力の格差は既存のサービスでは,努力はされていてもカバーできている分野ではありません.自殺者は数字で出ているだけでも9年間も(いま調べてみてびっくり!)毎年3万人以上.

機会の差?情報の差?能力の差?環境の差?など,それぞれの分野で科学的により良く生きるための情報が発信されています.たぶん自分は情報の格差(とくに教育に絞った)からの取り組みを行うんだと思います.