GONKURABE

だら科日記

教えれない学習塾

池谷 裕二 脳の研究で有名な話で、「理由を聞かれたら、すぐにその理由をでっちあげる」っていうのがあるんですよ。例えば、どうして今の仕事をやってるんですか? とか聞くと、なにか答えようとしますよね?

ー そうですね。なにかそれっぽい答えを言いますね。

池谷 裕二 その理由って、ほぼ100パーセント、嘘であることが分かってるんです。

第二十二回 池谷 裕二|TRADITIONAL STYLE|NEWYORKER|ニューヨーカーマガジン

 

大手予備校に,普通の個別塾,家庭教師と3年以上務めてきた.ハッキリ言って,塾に行かせることは「受験勉強」という点からすると,ほとんどムダだと言えるし,投資(塾代)に見合った利益(成績の向上)は全くないと言ってもいいと思う.

 

映像授業という休み時間

現在,多くの予備校・塾で「効率化」が図られていることはご存知だろうか.
昨今現れた「映像授業」は,「わかりやすい有名講師の授業が聞ける!」という謳い文句だが,現状は違う.ズラーっと50台ならんだパソコンの前で1時間映像授業を受ける様は「工場」さながらで,一ヶ月に何万円もかけられたエリートがこれなら,こんなザマァないことはないと思わざるを得なかった.こんなんおかしいだろ?と苦しくなるし,でもバイトの身では,大きなことは言えないし言わない.

 

一コマ3~4000円の映像授業,その時点で高過ぎるだろ〜って思うんですが,ビジネスですからしょうがない気もします.それをまあ平気で居眠りする・携帯いじるやつも,まあまれにいました.寝る子は多かったかな(忙しそうでした).

 

そうやって早稲田とかにいくんですけど,(東大生はほとんど出ない)ハッキリ言って「こんなに金かけられてるのにそんなもんなんだ」ということが今までの学習塾では多々ありました.でもお客は減らないし,辞める客(親・生徒)もあまりいない.

 

結果にこだわらない塾ばかりなのに,なぜそういうことが起こるのか.
答えは簡単でした.

 

 

 

続きは次回に書きまーす.