だら科日記

プログラミングと子育てとストレス発散の記録 @静岡県磐田市

three.jsのOBJMTLLoaderが無い件の対処

OBJMTLLoaderがない。

obj形式はOBJLoaderで、

mtl形式はMTLLoaderで書く必要がある。

 

17/4/25あたりにthree.js-masterをダウンロードしたんだけど、参考にして言るサイトでは
OBJMTLLoader を使って、objとmtlをまとめてインスタンス化してる。

今回の目的「objファイルを動かしたいだけ」だったら、公式のsampleを参照しましょう。

three.js webgl - OBJLoader + MTLLoader

OBJMTLLoader make web browser died when it deal with too much data · Issue #5250 · mrdoob/three.js · GitHub

 

Chromeでは設定頑張らないと表示できない.

Firefoxで動作確認しました.

 

objファイルを動かしたいだけなので、参考にしたサイトをコピペーでよかったんだけどちょい詰まったのでメモしました。

 

次はカメラを動かす。

つきあい方の科学/R.アクセルロッド を読んだ

ゲーム理論の実践によって得られた知見として、

意思決定の勝者は、以下の2つの特徴を持つ。

1.上品

2.自分からは決して裏切らない

以上。後は所感。

 

「嫌われる勇気」に書かれていた事を少し思い出した。
 ↑を読んでいると、(なんでそこまでしなきゃいかんのだ)と思う場面がいくつもある。そんなことできない、継続的に実践する事は難しいんじゃないか、と。

でも、そうする人たちが結局「得」をしているはず。理にかなっていて、自身の幸福にもつながる。そんな流れがあるんじゃないかな。

 

「嫌われる勇気」→「つきあい方の科学」の順番で読むことをおすすめします。

 

つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)

つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

rn-42とarduino.仲直りしました.

Lチカできた〜.

BLESerialから始まり,iPhoneアプリ(CB)の勉強をし,挫折した後RN-42を購入して,例の通りに13番ピンのLEDをチカチカさせようと思ったら,なかなかできなかったけど…

 

やっとできました.予想される問題は接触不良ではないかなぁと思います.でも成功したのでとりあえず良かった.また,いい勉強にもなりました.回路だったり,プログラムだったり,失敗が教えてくれることは大きいですね.

 

その勢いで,Bluetooth経由でのモーター制御をやりました.こちらは7割OKといった感じ.しっかり調整して,ミニ四駆の制御を実現してやろうと思います.

Arduino Tx Rxポートの調子が悪そうだ②

なかなか解決しないので,題名に②がついてしまった.なさけない.

さて,本日確認したことは

  1. ソフトウェアの問題はないか
  2. Tx,Rxが機能しているのか

今後確認しなければいけないことは,

  1. BTモジュールはちゃんと送受信できているか
  2. 回路(ハード)に問題がないか
  3. FT232RL USBシリアルアダプタによるシリアル通信のテスト

以上である.本日確認したことをおさらいする.

ソフトウェアの問題はないか,Tx/Rxは機能しているのか

プログラムを見なおしてみると,間違っている箇所が1つあった.しかしそこをなおしてみても,結果はなんら変わらない…いつまでも0,1番ピンを使っていても確認ができないので,USBポートを用いたシリアル通信でソフトウェアを確認した.

Tx,Rxのデータのやりとりに対応して,LED(13番ピン)が点滅できた.よってソフトウェアの問題ではなく,ターミナルから送られたデータが,なにかしらの理由によってarduinoに届いていないことになる.なにかしらの理由というのは恐らくハードウェアであり,単純にTx,Rxポートが壊れている可能性がある.これを確認する必要がある.

しかし,TxRxポートを用いてデータの送受信を行うためにはセンサーとかが必要で,あーそんなんないよ〜と思っていたところにちょうど以前購入したFT232RL搭載小型USBシリアルアダプタが!

FT232RL搭載小型USB-シリアルアダプタ 5V - スイッチサイエンス

さっそくこれを使ってmacからシリアル通信してみよう!と思ってUSBミニを挿そうとしたらハマらない…少しタイプが違うみたいです.確か持ってたはずだからこれはまた明日に.

 

 なかなか上手く動かない…原因があるはずだけど,それがわからないと楽しくない.きっとブレークスルーするときが来ると思うのでコツコツやっていこうと思います.ミニ四駆を動かしたい!

Arduino Tx Rxポートの調子が悪そうだ

Bluetoothモジュールを使ってミニ四駆を動かしたいんだけど,なかなかBluetoothモジュールとArduinoちゃんが仲良くなってくれない.

今のところ2つのbluetoothモジュールを使ったが,まだうまく行ってない.

浅草ギ研 BLEモジュール BLESerialの紹介  

 

浅草ギ研のやつは,iPhoneからやったんだけど,挫折.いきなりiPhoneアプリのCoreBluetoothを扱うのはちょっとむずかったので,バイト代が入るのを待って秋月電子のRN-42評価キットを購入.

RN-42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット: 無線、高周波関連商品 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

 

ペアリングしたmacbookproから送信されたデータは,RN-42に届いているようだけどArduino側には届いてない.これはRxのLEDが光らないことから確認できる.そういえばBLESerialもArduino側に届いているかが確認出来なかったんだよね.

Bluetoothの電波の強さ?は取得できているみたいだし,ペアリングもできていることからArduino側の問題じゃないかと思いました.ちなみにUSBでシリアル通信するときは上手くいく.

今後はTxRxポートが上手く機能しているかどうかを調べていきたいと思ってます.

 

なんでサンプルコード通りに動かないんだ.

 

this is the life

 これが人生だ

アレックス・シアラーの小説。自己啓発本のようなこれが人生だ‼︎という雰囲気ではまっっっったくない。
 
山場のない話だなぁ、しかも時系列ずらしてたり視点が変わったりして、スイスイ読めない。読むのやめようかな。と思ってたら3分の1読んでた。あれー?
 
単調だ。主人公のプロフィールも読み取れない…どうしよう。と思ってると3分の2読み終えてる。読みにくいはずなのに読み切らされてた。不思議な体験をした一冊。
 
先に読み終えていた友だちと話したけれど、3〜40代のときに読みたいかな。
 
これが人生だという言葉を有効に使えるのは、死ぬ間際だけだと思っていた。生きている途中の誰かが語る人生なんて悲観的なものか、浅はかなものしかない。でもこの本は人生を語っている。生きながら人生を語るのは、この方法しかないと思う。
 
人生はおさまりきらないものだし、俺たちの過去もおさまりきらなかった。人生を自分のものにすることはできない。
そうこうするうちに、このままではいけないと気づくときが来る。願いをかなえるために努力してきたが、それが成就することはないだろうと気づいてしまう。人生とはそういうものだ。その現実を受け入れ、あきらめるしかない。

 

僕らは人生に期待しすぎているのかもしれない。グローバル人材じゃなくても、英語が話せなくても、一流大学卒じゃなくても、豊かな人生は送れるし幸せにだってなれる。

若いのにナニ悲観的なこと言ってんの?

って言われちゃうんだよね、たぶん。でもこの本を読み終えてから言ってほしい。若者にとって、人生というテーマは大きく、そして廃れない。古代から今まで、どう生きるかというのは若さゆえの問いじゃないかな。
 
そしてそれを問うているのは人生の先輩達であり、あなただ。僕だ。抱えきれないものを、いかに抱えようとするか。この程度が大切だと思う。よ!
 

 

This is the Life

This is the Life

 

 

 
 

教えれない学習塾

池谷 裕二 脳の研究で有名な話で、「理由を聞かれたら、すぐにその理由をでっちあげる」っていうのがあるんですよ。例えば、どうして今の仕事をやってるんですか? とか聞くと、なにか答えようとしますよね?

ー そうですね。なにかそれっぽい答えを言いますね。

池谷 裕二 その理由って、ほぼ100パーセント、嘘であることが分かってるんです。

第二十二回 池谷 裕二|TRADITIONAL STYLE|NEWYORKER|ニューヨーカーマガジン

 

大手予備校に,普通の個別塾,家庭教師と3年以上務めてきた.ハッキリ言って,塾に行かせることは「受験勉強」という点からすると,ほとんどムダだと言えるし,投資(塾代)に見合った利益(成績の向上)は全くないと言ってもいいと思う.

 

映像授業という休み時間

現在,多くの予備校・塾で「効率化」が図られていることはご存知だろうか.
昨今現れた「映像授業」は,「わかりやすい有名講師の授業が聞ける!」という謳い文句だが,現状は違う.ズラーっと50台ならんだパソコンの前で1時間映像授業を受ける様は「工場」さながらで,一ヶ月に何万円もかけられたエリートがこれなら,こんなザマァないことはないと思わざるを得なかった.こんなんおかしいだろ?と苦しくなるし,でもバイトの身では,大きなことは言えないし言わない.

 

一コマ3~4000円の映像授業,その時点で高過ぎるだろ〜って思うんですが,ビジネスですからしょうがない気もします.それをまあ平気で居眠りする・携帯いじるやつも,まあまれにいました.寝る子は多かったかな(忙しそうでした).

 

そうやって早稲田とかにいくんですけど,(東大生はほとんど出ない)ハッキリ言って「こんなに金かけられてるのにそんなもんなんだ」ということが今までの学習塾では多々ありました.でもお客は減らないし,辞める客(親・生徒)もあまりいない.

 

結果にこだわらない塾ばかりなのに,なぜそういうことが起こるのか.
答えは簡単でした.

 

 

 

続きは次回に書きまーす.